グリーンスムージーに向いている野菜

自家製グリーンスムージーをどうせ作るのなら、より美味しく、より栄養価の高いものにしたいと思うものです。そのためには原料選びが大事になりますが、どういったものから作ると良いのでしょうか。

 

グリーンスムージーに向いている野菜は、いわゆる葉緑素、クロロフィルを多く含んでいるものが良いでしょう。

 

簡単に言えば緑色の野菜ですね。内臓の不調を改善する作用や体内の毒素排泄を高めてくれる効果が期待できます。

 

たとえば、ほうれん草やクレソン、ケール、小松菜、チンゲンサイなどはよく使われますし、サニーレタスや大葉、バジル、ミントなども良いでしょう。

 

明日葉などは青汁などでも利用されることの多いものですが、栄養価も高くて良いと思います。グリーンスムージーで健康的になるためのコツは、いつも同じ素材ばかりではなく、多くの種類の野菜を使って摂取することが大切です。

 

グリーンスムージーは普段摂取するには難しい量の野菜を簡単に摂取できることもメリットですから、いろんな野菜から幅広く栄養素を摂取することが大切です。

 

逆にむかない野菜もあります。スプラウト類や、デンプン質の多い野菜、炭水化物を多く含む野菜などは、体内にガスを生み出したり、消化に悪かったり、いろんな悪影響を及ぼす可能性があるのでやめておきましょう。

 

栄養バランスや風味の調整などは簡単ではありませんが、何度も試しているうちに自分に合ったものがわかってくると思います。

 

自分のオリジナルのグリーンスムージーがうまくできたときの感動はすごいので、ぜひ一度は経験してほしいと思います。