グリーンスムージーと好転反応

グリーンスムージーを飲むと、だるさを感じたりお腹が緩くなったりする人もいるのですが、これは飲み始めに起こりやすいもので、好転反応と呼ばれるものです。

 

「好転反応」はグリーンスムージーを飲み始めて3〜7日目に出てくる人が多く、腹痛や頭痛、吐き気、眠気、だるさ、下痢、便秘、肌荒れなどの症状が確認されています。

 

好転反応の症状は個人差がありますが、好転反応の場合には一時的なものですから、数日中には回復します。

 

好転反応は、体内の消化や代謝がしっかりしてきて、溜まってしまっていた、毒素や老廃物が体の外に排泄されるために起こるものです。

 

一時的に体に負荷はかかりますが、健康や美容のために身体が悪い部分を修復している証拠として肯定的に受け止めるべきものと言われています。

 

グリーンスムージーも健康や美容効果の高いものですから、好転反応が出ることは少なくありません。こうした場合は、休息を取ったりしてリラックスして無理せずに過ごしましょう。

 

どうしても好転反応の症状が強く感じる場合は、飲む量を調整したり、グリーンスムージーの水分を増やしたりするようにしましょう。

 

また、あまりにもそれにしては長いという場合は、一度飲むのを病めて医療機関で診察を受けてください。何か別の病気が生じている可能性があります。

 

グリーンスムージーは原料も普通の野菜や果物ですから、基本的に副作用に該当するようなものはありません。ただ、食べすぎや体質によってはアレルギーなどの問題が生じるケースはあるようです。