酵素とグリーンスムージー

グリーンスムージーの特徴のひとつは、酵素も多く含まれていることです。酵素は、動物や植物などの生命体が生きていくために必要不可欠なもので、人間にも当然たくさんの酵素が存在しています。

 

人間の体内には、3000種類以上とも言われる酵素が存在していて、消化や吸収、代謝といった部分で働いています。

 

酵素が豊富な状態だと、それだけ代謝も活発に行われるために太りにくい体になりますし、肌などもどんどん再生されてきれいな状態を保つことができるのですが、酵素が不足すると逆に肌はボロボロになり、太りやすく、またエネルギーの代謝が不十分なために疲れやすくなるなど、多くの不調の原因になります。

 

酵素は熱に弱いことから、加工食品の中には入れにくく、生の食品に多く含まれています。そのため、外食や中食が多くなっている人は自然に酵素の摂取量が少なくなって、疲れやすいなどの不調症状が現れるようになるのです。

 

私たちの体内の酵素は年々減っていきますし、外部から取り込むしかないのですが、その取り込んだ酵素は主に消化と代謝で使われます。

 

このうち、より重視されるのは消化で、酵素が不足すると消化はできるけど代謝はうまくできない、つまりエネルギーの供給過剰状態を作りやすく、そのために太ってしまうのです。

 

グリーンスムージーは生の野菜をミキサーにかけて作りますから、酵素をそのままいただくことができると言われていて、そのためにダイエット効果もあるとされるのです。