グリーンスムージーは朝食に置き換えるとベストか

グリーンスムージーダイエットで確実に効果を出したいのであれば、ぜひ「朝食に置き換えて」グリーンスムージーを摂取しましょう。

 

1日1食どこで取り入れてもOKとも言われるのですが、朝食時に取り入れることによって、酵素の持つ力を最大限に取り入れることができます。

 

私たちの体のリズムは、朝4時〜正午までは排泄の時間帯であり、正午〜夜8時までは栄養補給と消化の時間帯であり、夜8時〜翌朝4時までは吸収と代謝の時間帯と言われています。

 

朝食にグリーンスムージーを飲むと、酵素が活発に働くようになるので、一日に必要な酵素が十分な状態でスタートできるのです。

 

そのため、朝の排泄はスムーズに、昼の消化も活発に、代謝も上がって、夜も吸収や代謝に酵素を利用することができるようになります。

 

朝にグリーンスムージーを飲みますが、コップ一杯も飲めば十分です。朝食の前にお水を飲むなどして消化器官を先に起こしておくとより効果的ですよ。

 

朝食にグリーンスムージーを摂取する場合は、置き換えですから、他のものを食べては意味がありません。できるだけグリーンスムージーのみにしましょう。

 

グリーンスムージーでダイエットをするのであれば、毎日続けることが必須となります。一日だけ朝食をグリーンスムージーに置き換えたところで、それほどダイエット効果はありません。

 

あくまで、体の持っている代謝能力を酵素の力で引き出すことが成功のカギになりますから、毎日コツコツ行っていきましょう。